鼓動する
メガネ

鼓動する
メガネ


ユーザーの耳から取得した心拍データを振動と光に変換して表現するメガネデバイスを制作した。



自分の心拍リズムと同期して身に着けている物からリズムが感じられたら、どんな気持ちになるのだろう。落ち着くような、違和感のような、不思議な感覚を通して、自己と他者の境界を考えるきっかけをつくった。 本作品は、ウェアラブルデバイス向けメガネフレーム「neoplug(ネオプラグ)」を使用して制作した。


We created an eyeglass device that converts heart rate data acquired from the user's ears into vibrations and light to express the data.



We wonder how we would feel if we could feel the rhythm of the things we wear in sync with our own heartbeat rhythm. Through this mysterious feeling of calmness and discomfort, I created an opportunity to think about the boundary between self and others. This work was created using the "neoplug" eyeglass frame for wearable devices.

neoplug